- IMD Business School

「モノの見方を変えに行く」
組織開発のプロが
OWPに通い続ける理由

IMDのグローバルリーダー育成プログラムOWP (Orchestrating Winning Performance) 。これまでに4回参加 してきた人がいます。組織人事コンサルタントの山本紳也さん。国内外のビジネス系カンファレンスの中から、なぜOWPに参加し続けているのでしょうか。2023年6月にスイス・ローザンヌで開かれたOWPのセッション(講義)の風景など、忌憚なく語っていただきました。

 

 - IMD Business School
山本紳也やまもとしんや組織人事コンサルタントHRファーブラ代表取締役PwCパートナー等を経て独立国内外の企業の人事戦略などに30年以上携わる

山本:OWPに通い続ける理由ですか? 最先端のテーマをフォローして、自分の仕事に役立てたいというのもありますが、何より楽しく学べるからです。年1回は行かないと落ち着かない。コロナの間、参加がかなわず逆に不安だったくらいです。

5日間の日程に、リーダーシップ、地政学、AI、ウェルビーング、気候変動まで、様々なテーマの講義がギュッと詰まっていて、その中から仕事に役立ちそうなもの、新しい考え方が得られそうなものを選んで参加しています。これとは別に、早朝にヨガやマインドフルネスのセッションがあるし、夕方には基調講演も開かれます。

 - IMD Business School
202311月20日開幕のOWP Singaporeの時間割。早朝は芸術分野、Morning Session/Afternoon Sessionでは、DX、リーダーシップ、人材、組織変革、持続可能性などのテーマで数十もの講座が開催されます。

 

山本:ビジネススクールのお勉強の場というより、50もの国の参加者が、考えをぶつけ合うライブ感たっぷりな議論の場という方が、しっくりくる言い方です。

教授の担当領域だって、縦割りじゃないんですよ。例えばMichael Wade教授は、IT、マネージメント、リーダーシップという領域にまたがって、いろんな分野をしゃべってくれる。

 - IMD Business School
山本さんがOWP Lausanne 2023で参加したセッションのテーマ一部

山本:教授によって見方もいろいろです。生成AIだって、悲観的な見方をする教授もいれば、パートナーみたいに付き合えばいいよ、という教授もいる。いろいろあるのが、楽しいんですよ。

セッションでの教授の役割は、受講者に考えるきっかけを与え、思考をけしかけること。もちろん、最初はある程度の知識は提供してくれますよ、ディスカッションの入り口を作るために。

ただ受講者は一線で働くエグゼクティブばかりですから、教授の解説に「うちの会社はそうじゃない」「僕は違うと思う」と、どんどん指摘します。教授も教授で、思いっきり「ビジネス目線」で応酬する。「理論的にはこうであるべきだ」なんていう発言は、まず聞いたことがありません。

正しいか間違っているかを答え合わせする、なんてこともしません。正解は教えたり、与えたりするのではなく、自分で探したり、一緒に探したりするもの、というスタンスはIMDの教授たちに共通していると思います。

 - IMD Business School

山本:こうしたスタイルの講義は、Teachingではなくて、Learningですよね。ハウツーを教えてくれるわけではありませんから、真面目に聞いてさえいれば何かが身に着くわけではありません。

答えを求めたところで、逆に教授から「君はどう思うんだ?」と問いかけられるでしょうね。答えはあなたが持っているでしょう?と。与えられる「正解」を求めにきた人、受け身の学びで来た人は、戸惑ってしまうんじゃないかなあ。

 - IMD Business School

山本:人材育成や組織開発のコンサルティングで、日本のいろいろな企業を見てきましたが、「思考」や「探索」をしてこなかった人が、驚くほど多いな、と思うことがしばしばです。

例えば、管理職向けの研修で「自分の考えを好きに書いてください」と言うと、受講している管理職が「何を書けばいいんですか。もう少し詳しく説明してください」と質問してきます。「何を書くのが正解なのか」「この欄にはこういうことを書きなさい」と教わってきたから、「自分の想いや考えを書く」ことに慣れていないんです。

明確な「正解」をもらえないような研修だと、「学んだ気にならなかった」「持ち帰る『お土産』がない」という。本来は自分で答えを探すことが、楽しいのに。残念だけど、そこがなかなか分かってもらえません。きっかけと場さえあれば、楽しめるはずだと思うんですが。

僕がこの数年、OWPに参加を続けてきたのは、たぶん、そういう思考の探索をけしかけてくれるような場が、日本ではなかなか見つからないからだと思います。

常識にとらわれない世界に行って、モノの見方を変えたいんです。僕の場合は、それを外に求めるしかない。そう、モノの見方を変えたくて、OWPに通い続けているのでしょうね。

OWP Lausanne 2024 受付開始

2024年6月24~28日の5日間。詳しくは写真をクリック。

 On campus program Orchestrating Winning Performance Meeting Uncertainty with Resilience - IMD Business School

Latest
News Stories Leadership Sustainability
IMD case recognized at The Case Centre Awards and Competitions 2024
IMD Professors Julia Binder and Heather Cairns-Lee received the award in the Outstanding Case Writer: Hot Topic category.
Alumni Stories
“I used to be an oil engineer, now I’m an engineer in emotions”
From oil to chocolate – how Norwegian Alumni Club President Sigmund Festøy (MBA 1992) transitioned to the food industry and learned about the importance of emotions in B2C.
“I used to be an oil engineer, now I’m an engineer in emotions”
News Stories China
Alibaba posts weaker than expected results – but new IMD research shows company strategy is still delivering value
Alibaba, China’s US-listed e-commerce giant missed market expectations for revenue in the December quarter, but announced it is boosting the size of its share buyback program by $25 billion, as shares jumped 5% on the news and then settled back to a 5% discount on the day.
Alibaba posts weaker than expected results – but new IMD research shows company strategy is still delivering value