- IMD Business School

【OWP Day 1】
グローバル化終焉?への見方を覆す
「大変革」の兆し

 - IMD Business School
IMDの旗艦プログラム「OWP」(Orchestrating Winning Performance)が26日、スイス・ローザンヌのIMDキャンパスで始まりました。今回は47カ国から450人のビジネスリーダーが集い、5日間の日程で世界の潮流を体感し、ビジネスの最新戦略を議論し、学びと対話を重ねます。日本企業も、5社が10~30名の社員をぞれぞれ派遣。様々な国籍からなるメンバーが参加しています。

Jean-François Manzoni学長とDidier Bonnet教授を司会とする参加者の歓迎イベントから、一日がスタートしました。

次に、ジュネーブ国際高等問題研究所教授(IHEID)の Richard Baldwin教授が「グローバル化は終わったのか?」と題する基調講演に登壇。「グローバル化は今、第三の大変革のさなかにある」と投げかけました。

Baldwin教授は、統計データをもとに、工業製品などのモノの貿易からサービスの貿易への移行を指摘。主力のモノの貿易が2018年以降伸び悩む一方、サービスの貿易の成長は加速、新興国の存在感が増しているといいます。

その中で着目するのが、企業向け「中間サービス」の貿易。人事、会計などコーポレート業務の外注化や、それらを集約させた「シェアードサービス」などです。先進国での需要が高い領域で法規制が少ない上に、質の良い教育制度のある新興国で、優秀な人材も豊富だといいます。

こうした構造的な変化を背景に「才能ある低賃金の労働者を持つ国々が、サービスの輸出に参加できるようになる」とBaldwin教授。「製造業からサービスのバリューチェーンへ。工場や産業機器、技術から、都市、サービス、教育のありようへ。何億もの人々が豊かになるにつれ、彼らがたどる発展の道のりは、これまでの25年とは異なるものになるでしょう」

 - IMD Business School

Latest
Alumni Stories
“I used to be an oil engineer, now I’m an engineer in emotions”
From oil to chocolate – how Norwegian Alumni Club President Sigmund Festøy (MBA 1992) transitioned to the food industry and learned about the importance of emotions in B2C.
“I used to be an oil engineer, now I’m an engineer in emotions”
News Stories China
Alibaba posts weaker than expected results – but new IMD research shows company strategy is still delivering value
Alibaba, China’s US-listed e-commerce giant missed market expectations for revenue in the December quarter, but announced it is boosting the size of its share buyback program by $25 billion, as shares jumped 5% on the news and then settled back to a 5% discount on the day.
Alibaba posts weaker than expected results – but new IMD research shows company strategy is still delivering value
Alumni Stories Leadership Work-Life Balance
“It boils down to leading with authenticity”
In a new economy shaped by accelerating technological change, business leaders must balance tough decision-making with a human touch, says Pasha Pourfallah (MBA 2014).
“It boils down to leading with authenticity”